So-net無料ブログ作成
イベント ブログトップ

061104 IVYリーグ 終盤戦 [イベント]

Haevaed vs Columbia
9月に開幕戦を観に行ったIVYリーグも、もう最後から2試合目。 今のところ、Yaleが全勝トップ。 HarvardとPrincetonが1負けで2位に並んでいる。 さあ今日の試合は?!

競技場に早く付いたので、近くのDunkin' Donutsでコーヒーとベーグルを買って競技場で腹ごしらえしたあと、この古い石の競技場を探検していたら、普通にフィールドに出られる場所を発見。
  
  アップをしている選手が近ーく見えるこの臨場感。

今日は最高でも8℃、最低気温は1℃という真冬並み! ダウンコートに帽子と手袋をしていても足首から下の感覚が無くなる様な寒さだった。
  観客もすっかり冬模様
  
Columbia側の席だったけれど、NYから来た人々の応援はすごい! おばさんの、「じぃぃふぇぇぇぇーーーんすっっっ!」という叫び声に思わず噴き出してしまった^^。

ハーフタイムは体を温めるためにホットチョコレートを買って(死ぬほど甘かった!こんな時じゃないと絶対に飲めない)、競技場の中をまた散歩。 Harvard側でエースRBのClifton Dawson(写真、真ん中の背番号33) を見つけた。 今期あと 174yards gainすれば、歴代の覇者を抜いて リーグ新記録を樹立する。
  
  子供達もハーフタイム中の選手のアップをじっと見つめていた。 
  

結果は、1st Quaterでの勢いにも関わらず、Columbiaが苦戦。 Harvardは罰退が相次いで、そんなに波に乗っていなかったのにも関わらず、Dawsonにボールを持たせると確実にgainできるので、24-7でHarvardの勝利となった。 この日のDawsonのrushingは120yards。 あと54yards!


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

061021 カボチャでギネスに挑戦! [イベント]

Pumpkin Festival ~in Boston Common~
ハロウィンといえば、カボチャちょうちん。 あのカボチャの中をくりぬいて、人の顔に穴を開けて、中に蝋燭を入れるやつ。 英語ではjack-o'-lantern♪
今日、Bostonは、この 「jack-o'-lanternを1度に1ヶ所で点燈する数」の世界記録にチャレンジした。 ちなみに世界記録は隣のNew Hampshir州、Keeneという町が2003年に作った28,952個。 Bostonはここ2年、その記録に挑戦しては失敗に終わっている。
  
  そこで今年は30,000個!をBoston Common(町の中心の公園)へ
  
市民、学生、国会議員も全面協力。 UPSの従業員もその腕力をふるって2,500個も作りご自慢のあの茶色い輸送トラックでCommonに運び込んだとのこと。 
ところが油断はならない。 Keeneも町の誇りを守るべく、この日やはり30,000個にトライしている。

  夕方5時の時点でまだ2,5500個。大丈夫なのだろうか?
  
今日は快晴だけど冷たい風がピューピュー。 夕方、まだまだカボチャをCommonに運び込む市民とは逆流して、点燈までの時間を Newbury St.のレストランで夕ご飯でも食べながら待つことに・・・。 それにしても、これだけ多くのランタン、最初のランタンの火が消えるまでに最後のランタンの火をつけることはできるのだろうか・・・。

  1時間後、Commonに戻ってみると・・・
  
  ちゃんとできていた!!!
  
日本ではなかなか本物のjack-o'-lanternを見る機会は無かったけれど、本当に温かい色合い。 顔の後ろをハート型にくりぬいて、そこから蝋燭を入れていることが分かった^^。

それにしても結果はどうなったんだろう。 Boston Globe誌に出ていたKeene市民のコメント、「Keeneは23,000人しかいないのに、Bostonは560,000人もいる・・・」というのを読んで、Keeneの方を応援したくなってきた。


nice!(1)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

060916 IVYリーグ開幕! [イベント]

Harvard vs. Holy Cross
今日は待ちに待ったIVYリーグ、Harvardの開幕戦を観に行った。 
  
  試合の始まる前の競技場横ではバべキューをする人たちも。 試合の日は1日お祭り気分。
  
6月にチケットをとった時点でHarvard側の席はほぼ完売。 (関係者でかなり早い時期から買い占められているのか?!) 結局とれたのはHoly Cross側の席。 
質の良い人工芝、くっきりの印されたライン。 競技場のエッジ部分にはIVYリーグ、Nationalリーグでチャンピオンシップをとった年を印した旗がぐるりと並べられていた。 日本の地方大学リーグ戦と比べると、本当に恵まれた素晴らしい環境・・・。  
  
今日は真夏が戻ってきたような気温。 頬がじりじりと焼けるのが分かるほどの強い日差しだった。 赤にゴールドがHarvard、白にパープルがHoly Cross。 HarvardのオフェンスはQB、Chris Pizzottiの長身を生かして、初めはショットガンからのパスプレイが中心だったけれど、第1クォーターでPizzottiが怪我してリタイア。 その後、Iフォーメーションによるランプレイも高頻度で織り交ぜられるようになった。 #33のRB、Clifton Dawsonの活躍は本当にすごかった! 止まらない弾丸。 ゴム鞠のような体。 NFLスカウトも注目の選手。 
  
  ディフェンスは4-3中心
  
  漆黒のアスリート達 (Holy Cross) 。 かなり近い距離で選手を見ることができる。
  
ハーフタイムは、伝統的なコスチュームをまとったそれぞれの大学のブラスバンドがパフォーマンス。 NFLのような派手さは無いけれど、学生らしさが滲み出ていて、なかなか良かった。 
結果は31-14でHarvardの勝利。
  
  試合の終わったグランドでは一斉に子供達がフットボール。
  
Red Soxの試合を観に行った時もそうだったけれど、アメリカではスポーツのファンが一部の世代に偏ることなく、家族で楽しむものになっているのを実感した。 長年のファンらしいお年寄りも多いし、小学生から中学生ぐらいの子供達たちのグループも多く見かけた。 (決まってアメフトボールを小脇に抱えている。) Holy Cross側も、アウエィにも関わらず選手の家族が親戚を含めて大勢で詰め掛けていた。 
次は11月にColumbia大との試合を観に行ってきます。 (この頃はリーグ戦も大詰め。 どうなっていることかしら。)


nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

060703-04 Birthday Party♪ [イベント]

7月4日は独立記念日。 今週初めの米国はお祭り気分に沸いた。 Bostonでは、前日を含めこの2日間、Charles River沿いの野外コンサート場 (Hatch Shell) で日の入り(8時半)とともにBoston Popsとゲストパフォーマーによるコンサートが行われた。 4日は約50万人がこの場所に集まるということで、前日の3日のうちにコンサートを、そして4日は花火だけを観に出かけた。 野外コンサート場なのできちんとした席が無い代わりに入場は無料。 コンサートの始まる1時間半前に会場に行ってみると、既にほぼ満席になっていた。 「独立記念日といってもアメリカ人じゃないしなぁ」とちょっと複雑な心境だったけれど、司会のCBS4アンカー、Jack Williamsがこのイベントを「American Birthday Party!」と呼んだので、「ここにいる人々と単純にお祝いを楽しめばいいのかも」と気楽な気持ちになった。 夜の10時過ぎにはAerosmithのSteven TylerとJoe Perryが登場!生の迫力に圧倒された・・・・。
4日の夜になると、花火を観に来た観衆で、Charles River周辺は、川沿いも、対岸も、橋も、人・人・人。 コンサートも終わりに近づき、そろそろ花火!という高揚で、観衆から自然に「Let's Go! Red Sox!」という掛け声が始まった。 世界はサッカーW杯で盛り上がっているというのに・・・。 Hatch Shellの演奏をバックに川面から上がる盛大な花火は圧巻だった。

そしてそんな素敵なイベント気分・・・Aerosmithも、花火も、吹き飛ばすような出来事が、今日5日に起こった。 Bostonに来て初めて美容院に行ったのである。 そして「ほんの少しのカットとゆる~いパーマ」のはずが、「それなりのカットと爆発パーマ」になって仕上がった。 本当に悲しい。 パーマの技術の発達した昨今、まさかこんなパーマが存在するとは・・・。 この失望と、悔しさと、恥ずかしさをない混ぜにした、「失敗パーマ」という単位を作りたくなってしまうぐらいやりきれない・・・・。

  Hatch Shell (060703)
  
  イベントには救急と警備が欠かせない (060703)
  
  Bostonが誇る(?)Fireworks! 「NYの花火に負けられない」と言っていた人も (060704)
  


nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

060417 Boston Marathon ! [イベント]

  今日は語学学校の午後の授業はBoston Matathon見物に変更^^
  
あの交通量の多いBeacon St.も、Boylston St.も、Copleyの駅も、このマラソンのために封鎖されるんだから、Boston市民にとってはそれだけの一大イベント。
私たちもCopley Squareのゴール付近で、次々にゴールしていく選手達を観戦。 本当に色々な人がそれぞれのスタイルで走ってくる。 車椅子を押して走っている人や、25kgもあるリュックを背負ってフル装備で走っている兵士達も。
マサチューセッツ州らしく、男性2人で手をつなぎ見つめ合ってゴールするカップルも☆
  


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

060416 メジャーリーグ!Red Sox vs. Mariners ! [イベント]

日曜日の朝、MarinersがBostonにきていることを知って、
ダメもとで、散歩がてら球場まで行ってみたら、当日券がまだ買えることがわかり、
そのまま野球観戦^^。
  
Red soxのHome stadium、Fenway Parkはうちから歩いて20分ぐらい。
全米でもっとも古く、小さい球場で、入ってみたら本当に草野球みたいな近さでグランドが・・・。
球場は熱烈なRed soxファンで埋め尽くされていて、特に3番David Ortiz, 4番Manny Ramirezが出てきた時は球場の熱気も最高潮に。 小さな子供達が「Mannnyyyy!」と声を張り上げて応援。 Ramirezはこの日、守備も好調で、ファンの声援を一身に浴びていた。
イチローと城島を間近で観ることができたのもこの日が初めて。
Red soxファンの中でイチローと城島を応援するのは、身の危険を感じたけれど声を張りあげてきました。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域
イベント ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。