So-net無料ブログ作成
検索選択

070227 Charles River [生活]

毎週火曜日の朝は、研究所の玄関からマイクロバスに乗って、対岸の Cambridge にある MIT との共同研究機関で開かれるセミナーに行く。 1月のある朝、バスが Charles River を渡り始めると、外の景色にみんなが歓声ともため息ともつかない声をあげた。 
  そう、こんなに大きな川が一面凍っていたのだ。
  
Boston最後の今日、Longwood からひたすら歩き続けて、最後に Charles River を見に行った。

Boston 側。 赤い三角じるしの CITGO の看板は、ニュースで Boston の天気予報を告げる画面にも出てくる(今や Boston のシンボルマーク)。 あのすぐそばに Fenway Park があって、そのさらに向こうが Longwood。
  
  Cambridge 側を見ると、丸いドームが MIT の Rogers Building
  
運動部と思われるジョギングの一団が頻繁にこの橋を行き来している。 みんなナイキの CM みたいでカッコいい。
  Boston のビル群を仰ぎ見て、
  
  来た道を戻る。
  
さてさて、ホテルに戻ったあと、歩いてシーフードレストラン Summer Shack へ。 もちろん食べたのはBoston に来て8匹目になる最後のロブスターでした。


nice!(5)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 5

コメント 3

ひろ

川というか大きくて湖みたいだね。。。
こんな広いとこが凍るなんて、、、よっぽど
ボストンの冬は寒いんやろうな~~!!
by ひろ (2007-03-23 15:45) 

sasasa

4枚目の風景がすごく好きですね!
ボストンでの1年も素敵な財産ですね(^_^)
by sasasa (2007-03-24 12:32) 

Fumika

初めて見た時はこの雄大な眺めにびっくりしました~。 モントリオールから来たポスドクが、やっぱり町に大きな川があったけれど、それでもこんな風に一面凍ることは無かった、って言っていたので、流れが緩やかなことがこの景色を作っているみたいですね。 もう少ししっかり氷が張ったら海までスケートできそう。。。
by Fumika (2007-03-26 08:11) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。