So-net無料ブログ作成
検索選択

070222 クマーさん一家やってくる [生活]

さてアパートの引渡しの日も近づいて、大家さんが敷金をどれぐらい返すかのチェックのために部屋にやってくることになった。
  
このアパートは日本の不動産屋さんの仲介で借りたので、大家のクマー氏には毎月家賃の小切手を送りながらも会ったことはない。 アメリカは旧式で、電気もガスも家賃も、口座からの自動引き落としではなく、いちいち手書きで小切手を書いて手紙で送るのが習慣。 結構な大金なのでこれが大家さんのポストに本当に間違いなく届けられるのかなぁ、と不安になるけれど、(郵便配達の人が変な気を起こしたりしないのだろうか…とか)、アメリカ人の言い分は、自動引き落としの方がよっぽど不安!とのこと。
その日の夕方、私たちは、壁に穴を開けたとか言われないように、ポスターを慌てて剥がしたり、若干緊張ぎみに待っていた。 ところがチャイムが鳴って扉を開けてみると、ニコニコしたインド系の紳士と、それに奥さんと娘さんまで。
一通り挨拶していると、まるでホームパーティー状態に。
ところで、私たちは部屋で靴を脱いで過ごしているのに対し、クマーさん一家は靴を脱ぐ習慣が無い。 そのまま上がってくる。 娘さんがいち早くそれに気づいて、玄関の前に留まったまま、中にズカズカ入ろうとしているクマー氏を、「ちょっと、お父さん!」という感じで牽制している。 クマー氏も部屋をチェックというよりは、
「いやー、ついに会えて良かった!」とか、
「どう? いい部屋でしょう。 あ、ここのクローゼットの扉はねぇ、全部あなた達が入る前に新しいのに替えたんだよ。 いいでしょう?」などなど、親戚に自分の家を紹介するみたいな親しみのある様子。
わいわいと話して、そして一家は帰って行った。
うーん、これだったらお茶の1つでもお出しするんだった…。
 
  部屋からの眺め 
  
  
  さようならアパート
    
  


nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 3

コメント 2

たろちぅ

おかえりなさい?
by たろちぅ (2007-03-13 17:32) 

Fumika

ただいま~^^♪
by Fumika (2007-03-15 08:33) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。