So-net無料ブログ作成

070210 ロダンとロッキー [旅行]

  ロダンと・・・
  
  ロッキー
  
  今日、この2人に道端でばったり・・・。

Philadelphia Museum of Art に行く途中にロダンの “The Thinker ”。 氷点下の青空の下、一体何を考えているのでしょうか。
でもこれは Rodin Museum の入り口にあったレプリカ。 本物は Museum of Art にありました。 レプリカに比べると、温かい室内でこぢんまりとまとまっていた。

さて、Museum of Art を出て建物をぐるりと回っていたら、階段のふもとにロッキーが・・・。
「この美術館の階段、やっぱり見覚えがあると思っていたけれど、これがあの場面の・・・!」と、彼。
  
そう、この美術館、見覚えのある人にはある、あのロッキーが朝のランニングで最後に階段を駆け上ってガッツポーズをした、あの美術館だったようです。
そうやって見てみると夕暮れの中、子供達が階段を駆け上がってはガッツポーズをしている。
「やっぱり!」確信を得た彼は目を輝かせて語り出した・・・。
(ちなみに私は、シルヴェスター・スタローンが何となく好きではなくて、今までの人生で 『ロッキー』シリーズも、『ランボー』シリーズも観たことは無い。)

ロッキーの朝のランニングの場面は、当時部活に燃える十代の彼の心にいたくヒットし、それから彼は、朝5時に起きて部活の朝練前に自主ランニングを始めたそう。 しまいには目覚ましにロッキーの音楽が鳴るようにセットしたとか。
早朝ランニングの話、聞いたことがあったような気もしたけれど、まさかきっかけがロッキーだったとは・・・
  美術館のある高台を切り取るように流れる Schuylkill River
  


nice!(4)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 4

コメント 3

luka

もちろん駆け上がって振り向きましたよ。 って、分からないか。
by luka (2007-02-18 00:01) 

Fumika

うーむ、残念・・・私は映画を全く観ていないので・・・。 でもlukaさんもその世代ですね(ってどの世代?^^)
by Fumika (2007-02-18 03:03) 

kenta-ok

私も駆け上がって雄叫びをあげました。
by kenta-ok (2007-04-15 13:05) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。